2010年10月22日

パンテーン実感プレゼント

「髪は女の命」とよく言われますが、男だって髪は命、若さの素です。

髪があるか無いかで、10歳いやそれ以上老けて見えることは
誰もが実感していること、ですから、いくつになっても髪ふさふさでいたい、
そう願っている私です。

そのためには、やはりヘアケアが大事、
何もしないで、齢を重ねても髪がふさふさ何て、
奇跡か運が良いだけの何者でもありません。

パンテーンは世界175カ国で販売されている
ヘアケア製品の老舗中の老舗ブランドです。

星の数ほど、ヘアケア製品はあるけれど
パンテーン程、日本人にも定番化している製品は
無いでしょう。

そんな、老舗ブランドですが奢らず、高ぶらず
利用者のヘアの悩みを親身になって聞き、そのお悩みにあった
パンテーン製品をプレゼントしてくれると言うキャンペーンが
密かに(?)遂行中です。

その名も、「実感プレゼント

ヘア診断がWeb上で受けられて、あなたに合ったぴったりの商品がもらえるチャンス
まさに、パンテーンヘアケアの効果を実感できるキャンペーンと言えるでしょう。

私に合ったプレゼントは、シルキースムースケアエッセンス、迷わず応募しましたよ。


posted by shin7777 at 17:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | お役立ち情報

2010年10月21日

CLIFF EDGE 3rd Album[Re:BIRTH]

人はがんばれるものがあるから生きて行ける、がんばれるものを求めている、
そして、がんばる人を見ては感動して、勇気づけられるものです。

そのがんばりはどんなものでもいい、
たとえ、他人から見ればどんなにくだらないことであったとしても、
自分が打ちこむことができるものなら、
恥じることも、躊躇することもなくただひたすらがんばればいい。

今年、プロ野球パシフィックリーグクライマックスシリーズで、
7回目の挑戦にも関わらず、またも悪夢のごとくホークスは敗れ去りました。

敗戦をテレビで見ていた私は、
もう、プロ野球など応援するのは止めようとまで思いました。

しかし、そんなやけっぱちの自分とは対照的に、
テレビの画面の中には、悔し涙にくれるホークスの選手たち、
そして、もっとも私が感動したのは、私のように投げやりにならず、
勝った相手チームの胴上げを暖かく見守り、
さらには、ホークスの選手たちに感動をありがとうと
ねぎらいの言葉をかけるファンの姿でした。

彼らこそ、真の野球ファンであり、これもまた本当にがんばった人たちであると
感動を覚えました。

7回目の挑戦に失敗したとしても、これが限界ではない
また、チャンスは必ず巡ってくる、そう教えられた思いです。

CLIFF EDGEの待望の3rdアルバム「Re:BIRTH」がリリースされました。

このアルバムの中の曲、NO LIMIT、副題は「勇気をキミに」

この曲は無酸素で世界第7位の山、タウラギリの登頂を目指した
アルピニスト栗城史多さんに感銘を受け、書き上げられた、まさに、がんばる人への応援歌です。

勇気をキミに、そしてがんばれば乗り越えられない限界は無いと私たちを勇気づけてくれる歌。

NO LIMIT

ここにもまた、感動をありがとうと言えるものがあります。

そして、この曲を聴いて来年の勝利を期待することが出来そうです。

posted by shin7777 at 17:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | お役立ち情報

猫との思い出

思い出せば、人生で一番輝いていた時代、それが学生の頃の4年間でした。

勉強もして、お酒も覚えて、苦い恋愛の味も味わいました。

そんな波乱万丈の4年間、いつも私のそばにいて一緒に暮らしてくれたのが、猫でした。

4畳半一間の私のアパートにいつも、数匹の猫が遊びに来てくれました。

窓の外で、一声「にゃー」と鳴くのが合図、
まるで恋人を迎え入れるように毎日猫たちが部屋を訪れていました。

東京一人暮らしの私の殺風景な生活で、この猫たちと過ごす時間が心休まるひと時でした。

ある日のこと、
猫に子供が生まれ、子猫をつれて遊びに来てくれるようになった時のうれしかったこと。

さらに狭い私の部屋が猫に占領されていったわけです。

冬になると炬燵のなかで、遊びに来た猫たちが何時間も寝て帰りました。

遊びに来てくれるお客様を接待するように、
私の部屋にはキャットフードが常備されていました。

そして、気まぐれな猫たちは、食事も済ませ、十分休養を取ったら、
また、窓に向かって今度は中から一言「にゃー」と鳴きます。

これが、「もう帰る」の合図でした。

あれから月日は流れ、あの猫たちも私が過ごしたアパートも影も形もありません。
しかし、猫たちと過ごしたつかの間の期間を一生の宝物として心の引き出しにしまい、
事あるごとに、思い起こしては当時を懐かしむ自分がいます。

blomotion-zsFSx57OPU.png



posted by shin7777 at 17:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | お役立ち情報

パソコン・家電の全国無料処分のパソコンファーム

パソコン歴は30年、
新入社員の頃に購入したパソコンから数えたら、
10台のパソコンを買い替えてきました。

丁度3年周期でパソコンを買い替えてきたと言って良いでしょう。

これだけのパソコンを買い替えてきて改めて、
コンピュータの技術革新の速さには驚かされます。

最新のCPUが2年も立てば、最低速の陳腐なものになります。
さらに、周辺機器はもっと顕著です、
最初に購入した外付けハードディスクは600Mbyte 、
これは一生使い果たすことはないと感じたものでした。

しかし、DVDが普及した今、600Mなんてサイズは映画の一本も保存できません。

このようにすさまじい速度で進化するコンピュータですから、
パソコンを買い替えた時には古いパソコンはゴミと化す、
そう言っても過言ではないでしょう。

しかし、いまやパソコンリサイクル法なるものがあって、
テレビなどの家電同様にパソコン廃棄も有料になっています。

ゴミもルールを守って廃棄する、これは現代人としてのマナーであり、
これがエコにもつながってゆきます。

しかし、出来るものなら無料でパソコン処分したいものですね。

それが、できるのです。

パソコンの廃棄や不用品のリサイクルを無料で行っている「パソコンファーム」
インターネットで申し込みが出来て、全国無料処分と言うのが素晴らしいですね。

さらに、パソコン処分で悩ましいのが
個人情報の宝庫と言えるハードディスクの消去ですが、
「パソコンファーム」ではデータ消去専用機を使って完全データ消去を約束してくれています。

無料でしかも安心して任せられる業者、これは一押しですね。



posted by shin7777 at 16:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | お役立ち情報

2010年10月16日

落選

落選でした、東京マラソン

落ち込みます、、、、、、

これ以上申し上げることは何もありません

20101016.jpg
posted by shin7777 at 07:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | マラソン